最高峰の素材と職人技は「物語」のために

どんな素材を使うか、どんな職人技を採用して表現するのか。その決定にあたっては、頭の中だけでなく、多種多様な素材を実際に用意して検討するという。

「素材と職人技の決定では、欲張らない、その魅力だけにとらわれないことも大切です。私たちは何よりも職人とその技術を尊重していますが、大切なのは作品が魅力的なものになるかということ。その技術や素材がいかに素晴らしくても、適切な使い方をしなければいけないのです。魅力的と思えるすべてを、ひとつの腕時計の中に詰め込んでも、私たちが納得できる作品にはなりません。」

最近のアートウォッチの中には、希少な職人技自体を創作のテーマとして掲げた作品も少なくない。だが、ヴァン クリーフ & アーペルでは、あくまでストーリーが主役、メインテーマだ。

「ヴァン クリーフ アーペルのクリエーションは、物語からすべてが始まります。そのために時間がかかるのは仕方がないことです。また、魅力的なストーリーがあっても、最終的に完成した作品が魅力的でなければ、その仕上がりが納得できるものでなければ、世に出すことはしません。そのような理由でお蔵入りにしたものも、実は数多くあります」