「エクスカリバー 42 オートマティック」のスケルトン仕様

特にこの「エクスカリバー 42 オートマティック スケルトン カーボン」は秀逸だ。モデル名にカーボンとあるように、ケースの素材をカーボンファイバーで製作し、その耐久性は太鼓判が押してあるようなものだ。

ムーブメントのスケルトン加工は、極限まで地板や受け板に抜き加工をほどこしており、歯車などのパーツを、まさに骨格で支えていると表現するのがふさわしい。それでいて、ブリッジやマイクロローターには、星型のモチーフを抜いた部分を配しており、グラフィックにまで配慮しているのだから恐れ入る。

カーボンファイバーを型にまとめて熱処理を施して成型したと思われるケースは、カーボンファイバーの模様がランダムに表面に生じている。その様は、ブラックの濃淡がまるでカモフラージュ柄のように見え、精悍そのものである。