ハン大統領は2万元以上の時計オークション価格を締結しました

10月23日のヨンハップ通信社によると、22日の現地時間、ソウル光化門広場で、韓国の「セントラルデイリー」主催の「2017 WeAJa」チャリティイベントが開幕し、パネライコピー温家宝総統がサインした「温」寅の腕時計は入札価格420万ウォン(約24,621人民元)で中年の男性に無事に奪われた。

報道によると、この時計は青島台書記室の秘書から寄付され、「温家宝時計第1番」と呼ばれていました。時計を取った人は、「何にしても、一番いいのはいつでもいい」と言って、「その時計は「一番」という意味を持っていると思ったので、それを取った。

なぜ時計が寄付されたのかということに関して、Ren Zhongxiは彼がそれをとても気に入っているけれども、彼はそれが慈善団体のために時計を使うことがより理にかなっていると感じていると言いました。また、オークションでは、温家宝首相との会談で着用した「独島シーライオンネクタイ」もオークション価格30万ウォンで競売にかけられた。温家宝の妻、ジン・ジェンシュウ氏から寄付された衣服も30万ウォンで売られた。報道によると、金正スク氏はこの記事に同調しながら訴訟を通過し、オンライン価格は9万ウォンだった。