腕に躍った岩手山絶景精工SEIKO創業135周年、Grランドセコ限定モデルの再現

精工SEIKO創業135周年を記念して、グループ傘下のオメガコピー高級腕時計ブランドGrランドセコ、特長の腕時計「44 G」の殻の設計、そして岩手山の日の出の景色をテーマに、9S 86高音域Hiビート3600回転GMTメコアを搭載し、全世界限定500匹のSBGJ 021を搭載し、9S 85高音域Hiビートを搭載した3600コア、全世界限定150匹のSBGH 047。その中で最も表迷たちが待ち望んでいたのは、SBGJ 021の表金で、自動盤は陽極酸化処理を経て、夜明けのような多彩な色が現れ、「雫石高級時計工坊」の見事な製表工芸。
腕に躍った岩手山絶景精工SEIKO創業135周年、Grランドセコ限定モデルの再現
1967年に第1羽の44 Gが世に出て、世界の驚異的なシコStyleを築いて、職人の見事な研磨とカットを通して、アキと式の美学と職人の精神を完璧に表現した。2014年にジュネーヴの高級時計大賞(GPG)小針(Petil Aguille)賞を受賞したSBGJ 005をベースに、1967年の44 Gのスタイルを踏襲し、SBGJ 021とSBGH 047は、一貫して12時に2倍、独特のダイヤモンドカットの際に指針、完璧な鏡面で磨きをかける。芯のある時間が動く。
Grランドセイコの首席デザイナーの小杉修弘さんも、4 Gの表殻はすべての時計の中で磨きをかけるのは困難度が高いと言っていたが、今回は表のケースと同じように複雑な表耳折り線があって、全部で6つの平面と曲面で構成されていて、職人が丁寧に手で磨きをかけて、霧の面と明るい面が織りなす細い点を呈しているという。工法に飽きる。どのようにして、4つの平面が偏りなく1つの点に交わされるようにするには、職人たちの巧みな芸が試されている。