第24回モンブラン国際文化賞授賞式 熊川哲也氏が受賞

アーティストや演奏家の功績・業績を称える国際的な賞は少なくありませんが、「モンブラン国際文化賞」は、彼らへの揺ぎない支援を通じて芸術の発展に寄与している個人の活動を称える世界でもユニークな賞です。
1992年にモンブラン文化財団によって創設された同賞は、毎年、芸術および文化の発展・繁栄のために無私無欲で惜しみない支援活動をしている現代のアートパトロンへ、その傑出した功績を称える証として授与されます。24回目を迎える2015年のモンブラン国際文化賞は、世界11か国11名―中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、韓国、メキシコ、スペイン、英国、米国そしてスイス―の現代のアートパトロンへ授与されます。

同賞は、創設以来これまでに、英国皇太子殿下、英国出身の指揮者であるサー・サイモン・ラトル氏、フランスのファッションデザイナーであるアニエスベー氏、イタリアを代表する建築家レンゾ・ピアノ氏、そして日本では、アーティストのオノ・ヨーコ氏、歌舞伎俳優の市川猿翁氏、指揮者の小澤征爾氏をはじめとする高名な方々に贈られてきました。

受賞者は、(ⅰ)芸術に対するこれまでの個人的支援活動の実績、(ⅱ)「より広範な人々が、文化的プロジェクトの恩恵に与るべきである」というパトロンとしての意識の高さなどを基準に、選抜候補者リストの中から選ばれます。選考にあたるのは、モンブラン文化財団が世界中から召集した、芸術への影響力が大きい世界で最もクリエイティブな人物から構成される審査員団です。2015年の日本から審査員に選ばれたのは、デザイナーの佐藤可士和氏、映画監督の河瀨直美氏のおふたりです。