ジャガー・ルクルト:ジオフィジック ユニバーサル タイム【2015新作腕時計】

近年高い実用性を持つ機能として、大いに注目を集めるGMT機能。

単独修正可能な短針をもう一本追加したデュアルタイムから、回転ベゼルによって異なるタイムゾーンの時刻を表示するもの、単独修正可能な24時間針を持つもの等、その表示方法は様々ですが、パテック・フィリップの高名なワールドタイムに代表される、都市名ディスクと24時間表示ディスクの組み合わせにより、世界中の都市の時刻を同時に表示するワールドタイマーは、特別な存在と言えるでしょう。

特に近年、ヴァシュロン・コンスタンタン、モンブラン等、リシュモン・グループの各メゾンから優れたワールドタイマーが次々とリリースされていますが、今回ジャガー・ルクルトも、ジオフィジックのコレクションに、ユニバーサル・タイムとしてワールドタイマーを追加しました。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック ユニバーサル タイム Ref. 8102520

学術研究のために東西の冷戦をはじめ、全ての国際問題を乗り越えて実現した、国際地球観測年に合わせて発売された、オリジナルのジオフィジックのルーツを思えば、ジャガー・ルクルトがワールドタイマーをと考えたのも自然なことと言えるでしょう。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック ユニバーサル タイム Ref. 8108420

搭載するムーブメントは、クォーツ時計と見まごうステップ運針、非円形の「ジャイロラボ」テンワ、そして単独修正可能な短針等を特徴とする、今回このユニバーサル・タイムと同時発売されたトゥルー・セコンドが搭載するキャリバー770に、ワールドタイム機能を追加したキャリバー772。

しかしこの時計のハイライトは、やはり世界旅行への夢にあふれるその文字盤でしょう。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック ユニバーサル タイム Ref. 8102520

ゴールドで描かれた大陸、鮮やかなブルーグラデーションで描かれた大洋、そして赤と白の破線で描かれた本初子午線。

文字盤最外周のディスクに並べられた都市名が、ロンドンとオークランドを境に青と赤で色分けされている点も、オリジナリティと実用性を伴った意匠と言えるでしょう。

ジャガー・ルクルト:ジオフィジック ユニバーサル タイム Ref. 8108420

一度リューズで時刻設定をしてしまえば、常に世界24の都市の時間を表示し続けるこのワールドタイマーは、外装、ムーブメントともに、高い技術力に裏付けされた濃厚かつ個性的な魅力にあふれる、ジャガー・ルクルトならではの傑作と言えるでしょう。