ボール ウォッチ:エンジニアマスター II ダイバー III【バーゼルワールド2015新作腕時計】

アメリカ生まれのブランドらしい、マッシブかつ高性能のタイムピース・コレクションで高い人気を誇るボール ウォッチ。

マイクロガスライトのインデックスによる高い視認性に加え、独自の構造による高い耐衝撃性、耐磁性などの高い機能性は、同社のプロダクトたちを様々なプロフェッショナルウォッチへと進化させており、ここに紹介するダイバーウォッチも、そんなバリエーションの一つということができるでしょう。

今年のバーゼルワールドにおいて、既出のエンジニアマスター II ダイバー II の、インナーベゼルの操作を2時位置のリューズからアウターベゼルに改めた、ダイバー III が登場しました。

アウターベゼルとギアを介して連動するインナーベゼルは、やはり左にのみ回転するダイバー用であり、ボール ウォッチの特徴であるトリチウムを封入したマイクロガスライトをふんだんに散りばめることによって、長短針や文字盤上のインデックス同様、暗所でも最高の視認性を発揮します。

さらにはブラックの文字盤に刻まれた波状のパターンが本作では縦のタペストリータイプに、アロー型の長針はペンシル型に改められ、2時位置のリューズがなくなったことと相まって、相変わらずの圧倒的な重厚感を持ちながらも、随分とすっきりとした印象に仕上がりました。

その他のスペックはダイバー II を継承しており、デイデイト表示付きキャリバー RR1102を搭載、300m防水に5,000Gsの耐衝撃性、4,800A/m の耐磁性を引き継いでいます。