オメガ栄光発表超霸シリーズ「Rio 2016 Mark II」をブラジルオリンピック時計盛

オメガ栄光発表超霸シリーズ「Rio 2016 Mark II」にリオデジャネイロ市腕時計、2016年オリンピックを同モデル腕時計の文字盤はユニークなスタイルを十分に再現したオリンピック選手たちに登って表彰台に特有の栄光感と勝利感。
超霸シリーズ「Rio 2016 Mark II」腕時計インスピレーション源は1969年に発表した初の超霸シリーズMark II腕時計を経て、スクラブやバフ磨きの精鋼ケースは樽形を帯び、研磨表冠とカウントダウンボタン。平凸形耐摩耗サファイア表鏡の下のつや消しブラック文字盤には3つの小文字盤:さんに位置さんじゅう分のカウントダウン小ダイヤルは、ろく時位置の小さな文字盤ときゅう、くカウントダウンじゅうに時間時位置の小さな秒針小さい文字盤。三つの小さい文字盤それぞれ飾は銅環、18金環とシルバー925の象徴银环――オリンピック競技場の上に授与した金銀銅メダルを制する。