オメガシーマスターNZL-32クロノグラフ

パワーモード:時計や帆船はエネルギーを必要としません。セーリングボートは風力に依存しており、風下でも風上でも走行できます。純粋にレジャーであり、競争に参加していないヨットは、完全に無風の海の状況に対処したいという彼ら自身の望みに従ってディーゼルエンジンを装備することができます。偶然にも、時計は自動巻きと手動巻きの2つの方法で電力を供給できます。巻き方が面倒だと思っている方もいらっしゃるので、クォーツ時計しか身につけていません。

複雑な機械的構造:帆とマストの複雑さは、時計の機械的な動きと同じくらい優れています。グレードの異なるヨットのマストとセールの構造は完全に異なりますが、風力の使用を最大化し、速度を上げ、安全性を考慮に入れるためのものです。時計の機械式ムーブメントも数多くあり、さまざまな見事な複雑な機能を生み出しています。しかし、時計がどれほど複雑であっても、タイミングの正確さと安定性は常に存在します。

操縦性:時計もヨットもどちらかを使って見せびらかすことはありません。どちらも操縦性があり、人々に楽しみをもたらすことができます。時計は私たちがプレーと呼んでいるものであり、個人の喜びであり、大きな帆船はチームプレーのゲームであり、非常に挑戦的です。 2つのドライビングプレジャーは、競技の開始前の10分のカウントダウンであろうと、競技中の時間とさまざまな緊急事態の制御であろうと、セーリングでは完全に組み合わされています。いわゆる制御性、パワーは最も重要ではありません、多くの場合、正確な判断をする必要があります。

男性性:伝統的に、ヨットは男性のスポーツと見なされています。男性はヨットを操縦することで自然に挑戦します。彼らは自分のスペースを持ちたいと考えており、女性の参加を望んでいません。また、多くの女性はセーリングに乗り気ではありません。これは、時間どおりに入浴できないこと、理髪、化粧、日焼けの恐れなどの個人的な要因に関連している可能性があります。時計も男性に支配されており、男性は時計をより深く理解し、それを使って時間を管理しています。女性の目から見ると、時計を贈りたい人は時計に近いと言えるので、恋人と一緒に仕事をしたいのと同じ理由です。