夏の花が咲くようにきれいに咲いています—カシオのシェーンは表の金を使って更に夏の新しい色を押します

女性のしなやかな腕に優雅な光と霊的な知恵を添えるのが、シャーンの最高の使命だ。カシオの旗の下には金属のポインタの腕時計のブランドとして、SEenシリーズは常に女性に知的な美しさを咲かせるブランドの理念を受け、都市OLのために姿を整えた。この夏、同作の売上高を記録したCD E – 30 34シリーズの全鋼表は新たな配色を与え、さわやかな洗練された気場を輝きの中に注いで、太陽の下に咲く夏の花のように腕時計が夏の美しい風情を見せる。
she E – 30 SP G – 7 Aは、3皿6針の経典盤のスタイルを採用して、男性のカウントダウンリストの複雑な設計をまねて、女性の腕時計のために多くの古典の美しさを導入して、優雅さと洗練された調和地を1か所に現れて、腕時計スーパーコピーの別の一種の気質を発射します。ちょうど円形の表盤が目を引くローマの数字とスワロフスキーの水晶の刻々として、3枚の金色の縁の小さい表盤を左から右に分けてそれぞれ月曜日、時間と日付を表示して、クラシックの味は表盤の一路から拡張して復古の情念に満ちたH型の表帯まで延びていて、表冠の所が普通の青い水晶のようで知恵の魔力を満たして、全体にあげますスタイリングは洗練された知性を加えた。
腕時計は女子が着る点滅のものであり、特に顔値に相当するブレスレットなどのアクセサリーが似合うと、意外と完璧です。S E – 30 SP G – 7 Aの高光感の金銀の配色は、特にブルーブルーの金属生地の配付に特に適していて、いくつかのスタイルに近いブレスレットのブレスレット、あるいは1、2枚を凝らした大型の指輪を遥に眺め、重ねた金属の光沢を駆使して、自信のある気質の女神のお手本を作ります。表輪とバンドの金色のIPイオンコーティングは、色追加の配色のポイントとして、上品な雰囲気の中で、肌荒れと静まり返っています。仕事の日に練習する通勤ファッションにしても、休日レジャーのシンプルな衣装でもありますし、デートの時には優雅なワンピースにしてもいいですね。俗っぽい独特の気質。