ロレックスオイスターパーペチュアルデイト36mmレディース腕時計

ケース直径:36 mm、ホワイトゴールド、904Lステンレス鋼、外輪に52個のダイヤモンド、COSC天文台によって認定されたムーブメント、パワーリザーブ48時間。ピンクフラワーチャートダイヤル、アラビア数字表示(6時と9時)、記念ストラップ

ローズゴールドの歴史は19世紀初頭にさかのぼります。ロシアでローズゴールドが人気を博したことから、ロシアゴールドとも呼ばれていましたが、そのような学名は長い間、ローズゴールドの素晴らしさによって消滅してきました。ローズゴールドというロマンチックな名前だけで、人々は多くの美しい想像力を持つことになると思います。しかし、ローズゴールドの最も目を引く場所は、当然のことながら、その美しくファッショナブルなローズレッドであり、柔らかくエレガントなピンク色がゴールドに現れることがあります。なぜなら、製造プロセス中に、18 ctの金に銅、銀、亜鉛、その他の金属成分が追加されたからです。金は化学的に安定していますが、非常に柔らかい金属であるため、純金は磨耗しやすく、傷が付きやすいことは誰もが知っています。ローズゴールドと他の金属とのブレンドは、金の持つ延性を引き継ぐだけでなく、硬度にも優れています。タフで、美しく、エレガントで、純粋な、多くの品質を持つローズゴールドが「ゴールドの天使」として知られるのは当然のことです。

しかし、金の性質は安定していますが、ローズゴールドの銅は外部の化学物質によって容易に侵食されます。通常の環境の塩素は銅を腐食し、ローズゴールドが徐々に黄色に変色し、色あせさえします。この塩素化現象の解決方法は、ローズゴールドメーカーにとっても難しい問題です。