モンブラン、「マイスターシュテュック ヘリテイジ パーペチュアルカレンダー」を発表

1924年に生まれたモンブランの「マイスターシュテュック」。90年の長きにわたり名声をほしいままにする万年筆の金字塔である。それは、伝統、クラフツマンシップ、品格、そして色あせぬ不朽のグッドデザインの代名詞。誕生90周年をことほぎ、モンブランは、新たなウォッチコレクション「マイスターシュテュック ヘリテイジ」を発表した。

 

 不滅の並びなき万年筆の魅力は、ル・ロックルのモンブラン・マニュファクチュールにて、たくみに換骨奪胎され、その精神を身にまとった優美極まるウォッチへと昇華した。趣味の良いクラシカルテイストに程よく散りばめられたモダンテイストは、身に着けた人の持つ知性をさりげなく醸し出す 。つまりこれは、モンブランそのものなのである 。

 
 この「マイスターシュテュック ヘリテイジ」は、今回紹介する「マイスターシュテュック ヘリテイジ パーペチュアルカレンダー」のほか、オリジナルキャリバーを搭載したハイエンドモデル「マイスターシュテュック ヘリテイジ パルソグラフ」から、そのクラシックな風貌が引き立つ「マイスターシュテュック ヘリテイジ ムーンフェイズ」、そしてシンプルなドレスウォッチの決定版であるリーズナブルなデュフュージョンモデルまで 、幅広いラインナップで登場。持ち駒豊かにこれからのモンブランの歴史を彩っていくことだろう。過去からの偉大な遺産は、90年の節目に大胆不敵な変貌を遂げて、新たな物語を紡ぎ始めた。
 

 閏年2月29日の周期的表示が可能な永久カレンダーを搭載した「マイスターシュテュック ヘリテイジ パーペチュアルカレンダー」。様々な「時」のエレメントが39mmのスリムなボディにすっきりと納められてい。トラディショナルなサンレイギヨーシェが施されたボンベダイヤル(中央が盛り上がった形)や、ゴールド仕上げのアップリケインデックス など、正統派ラグジュアリーウォッチとしての魅力満載のディティールと、モンブランのDNAが申し分なく発揮された バウハウスの流れを汲むモダンなシルエットとのコントラストが、独特の端正な表情を見せる。