1947年製トゥールビヨン 1,428,500CHF(約1.6億円)で落札【オメガ】

オークションハウスのフィリップスによるジュネーブ ウォッチ オークションにて、歴史的に重要かつ珍しいオメガのステンレススティール製トゥールビヨンのプロトタイプが1,428,500スイスフランで落札されました。この時計の落札には約19分という長い競争が繰り広げられ、この時間は過去のオメガ ウォッチのオークションでは最長時間となりました。

 今回落札された時計は抜群のコンディションを保っており、魅力的な外見だけでなく、時計史において重要なモデルでもあります。ギヨーム テンプのトゥールビヨン エスケープメントが特徴であり、こういった複雑構造の腕時計の草分け的な存在です。オメガにとっては1940年代後半に製作された最初のプロトタイプ トゥールビヨンでしたが、市場に出ることはありませんでした。

 37.5mmのステンレススティールケースにはオメガ マニュアル キャリバー30 I搭載されており、ダイアルとバックルにはオメガのロゴが印されています。落札者は時計のほかに、この時計の製造年が1947年であることと、この時代に製造されたオメガのケース付きトゥールビヨン30 Iとしては唯一現存するものであるというオメガの証明書も手に入れました。