ルツェルン製表作業場の手作業の独特な魅力の2

みずほの彫刻は金属の上に彫られて入り交じる幾何学形と図案を指す。このような要求の高い工芸は16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの皇室と貴族たちの手工芸品にしか使われません。独り立ちした時計職人は、力を入れてしか操作できない高精度な玉の透かし彫り機を開発し、皿と殻を飾る。
このような複雑な危機に瀕している工芸は、節分を工夫し、繊細なテクスチャーが万千に変化し、設計のアイデアを大きく豊かにしている。スイスの表盤の仕事の室内に応用する曲線の玉の透かし彫りの花機は、製表師が安定した腕を使って操作しなければならない。
玉透かし彫刻師は、時計を手にして刀の頭を回して移動し、表盤には外朝内から約1ミリの深い絵柄が刻まれている。各ラインは二十分の1ミリメートルしかありません。比較的工業の自動化の浮彫を加工して加工した均一な紋様は、このような伝統的な方法で作った柄は細やかで不均一であり、操作時にはすべてのような手触りのようなもので、これはまさに手作りの魅力である。
腕時計の上では、非常に洗練された装飾が非常に洗練されているが、ライブハウスの芸術家シリーズの腕時計にはまだまだ足りない:このシリーズの腕時計は、花の模様に通じるエナメルコーティングを加え、よりレベル感と立体感を持つ。