5万以内の高顔値の新表がここにあります

バーゼルでは初めてのクライマックスが来ていますが、昨日ご紹介したロレックスと帝舵百事圏鋼金GMTの方が大きなニュースになりました!しかし、多くの時計友達がどのような新金で自分が買えるのかということを信じています。今日は、現段階での露出価格は5万以内の表金(海外価格)をご注文いたします。
第1のブランドは第1弾の舵を押して、今年の帝舵は私たちに大きな驚きをもたらして、百事圏GMTを除いて、青い湾の1958型はまるで細い腕の福音で、第1世代の潜水表の大きさを踏襲して、直径は39ミリしかありません。自産を搭載したMT 548の機軸が搭載されているが、その中のベルトモデルは3100スイング(約2万1)、鉄帯モデルは3400スイング(約2万3)。
今年は、昨年41ミリ間の金Black Bay(略称BB)のアップグレードで、シャンパンは帝舵BB家族に導入され、腕時計に自産機を搭載したMT 5612を搭載した。このデザインは人に合わないかもしれないが、一部の時計友の審美的な需要に満足している。ベルトモデルは3600スイング(約2万4)、間の金帯モデルは475スイング(約3万2)。
今年の帝舵BBの基礎金は青い表盤を増やし、サイズは32ミリ、36ミリ、41ミリの3種類があり、男女が満足している。価格を制御するために、エンジンのコアは依然としてポンド228。腕時計の価格は、配置によって2300スイング(約1万五千数:32ミリ型)から2800スイング(約1万9)まで。