エマサジュエリーのブレスレットは革工芸とジュエリー

愛馬仕は新しい作品を時間に華衣を羽織って、女性気質を抱き、2番目の肌のようなもの。線は繊細で、小柄で美人で、上品でシックなFabatg腕時計は初めて愛馬役工房に登場し、ブランドは異なる素材で丹念に演じます。2015年、腕時計は全革のバッグで埋め込まれたブレスレットの形で誕生し、鞍と馬具を作る愛馬仕本源に敬意を表した。今の腕時計は宝石をはめ込み、革の造詣を超えた芸術を越えて、FaBcheta Mancheterジョアランティエのブレスレット時計を達成する。
革の職人は有名な鞍の針法を採用して、ブレスレットの皮の表帯を縫合して、それぞれの継ぎ目の端に3回針を戻して、手作業をしっかりします。縫い目と皮の辺に線跡を突き出す前に、職人は鋭い皮を拭く必要がある。その後、縫い合わせのベルトの端を染めて、焼き付けをして、皮がなめらかにアイロンをかけます。最後にベルトにハックスをつけ、防水処理を行います。
2番目の肌になった革は腕の上で婉曲にスライドさせて、まるで表殻の延長のようです。エマ仕の精製の黄金の表殻は全体的に手作業で36本の長方型カットの宝石を象眼しています。象眼師は、表輪の凹溝に宝石の一つを埋め込んで、彫刻刀で宝石の周りを後ろに押して軽くたたき、一つ一つの宝石が正しい位置に埋め込まれている。最後に手を通して宝石の輝きが輝き、腕時計が輝いていた。