オメガ【驚異の耐久性】アラスカプロジェクトってどんな時計?

地上高度約10~100 km の大気層「中層大気」は地球環境や気候変動においても重要であり、特に北極域は地球温暖化が最も顕著に進行するといわれる地域であるが、一方、中層大気の観測手段が限られていた。
「アラスカプロジェクト」は、北極域の大気環境の理解と対策に資する多面的な観測手段を電磁波技術で実現するためにアラスカ大学などと国際共同で進められてきた。
— via アラスカプロジェクトの成果から ~北極域大気観測技術の実証~
要は、
「北極域(アラスカ)が地球の環境変化や気候変化が
分かりやすく表れるところなので、そこの付近の大気環境について、
いろいろな面から観測しよう」

という意味・・・で、あってますかね?
オメガ 「アラスカプロジェクト」とは
アラスカプロジェクトで開発された試作品を、2008年に復刻版として忠実にオメガが再現!
-148℃~260℃まで耐える驚愕の耐久性をもった時計です。

実際のアラスカの気温は、最高気温40度はいかない位、最低気温は過去最低でもマイナス62度。

過去の地球上最低気温で調べてもマイナス約93度(ちなみに南極らしいです。)。
地球上の最高気温でも58.8度(非公式だと70度があるとかないとか)位なので、
基本地球上のどんな温度変化にも耐えられそうですね。