オーデマピゲ手を携えてDan Holdsworth新作驚艷バーゼル芸術展

2016年バーゼル芸術展(2016年ろく月じゅうろく日からじゅうく日)のうち、スイス高級時計ブランドオーデマピゲ(Audemars Piguet)は、アーティストやエラ祖セバスチャンに茲(Sebastian Errazuriz)設計のコレクターお母(Collectors Lounge)で発売するダンや霍兹ワース(Dan Holdsworth)の新シリーズの撮影作品『Continuous Topography」(『果て山と時』)。
「Continuous Topography」(『果て山と時』)が現れたオーデマピゲ発祥地――汝拉山脈(Jura Mountains汝穀(E)Vall eのJoux)独特の地質構造を新しい映像展示活動と同時に。岩石層形成の過程を経てを通じて所のタイムスパン、これらの作品を撮影者の再定義自分と時間との関係。汝拉山脈(Jura Mountains)の命名から、「ジュラシック・(Jurassic)」の言葉が。じゅうく世紀の地理学者、探検家アレクサンダーやフォンやフンボルト(Alexander Von Humboldt)を定義したこの地質年代。彼の研究は、地球の歴史を知ることができるという研究で、地球の歴史を知ることができるという研究が。この研究は人類が自身に現れる前に地球の状況の濃厚な興味を奮い立たせた。丹や霍兹ワースのシリーズのビデオ作品『Continuous Topography」(『果て山と時』)案内者を考える時間での位置、想像ミクロ時間枠以外の時間尺度。