マーク紐キール辛镇:制胡弓弾きの家

ザクセン繁茂の山林の間、棟はにじゅう世紀初めは、伝統遠からん者は音にも聞けピアノ制のマーク紐キール辛镇(Markneukirchen)、具靑春派遣芸術スタイルの美しい建築。この座四方は山の建物は、かつては楽器メーカーメル茨(Merz)の家。旧東ドイツ時期で、それに一度に幼稚園では、今、持っている全ヨーロッパ唯一無二の絃楽製造専門。
山のツツジが満開の季節の中で、この静かで優雅な建物などは、赤いブナ、スナイパー、トウヒやカエデの間。隷属として西ザクセン応用技術応用芸術係大学(学部は茨威試験)の一部が、その内に活躍しているドイツ37位から、イギリス、フランス、トルコ、スペイン、韓国、日本などに学生の姿を見て、その中の22位は、専門の学実習製造バイオリンやギターの若者。
バイオリンはたいへん複雑な発音体である。数世紀以来、徐々に完璧な音楽芸術作品に発展していく。伝統的な制琴人が身につけなければならないのは、木材の理解、ピアノ制の経験と、きめ細かな指カンフー。もし創造バイオリンの完璧な音質は、学会複雑工芸のほか、さらに物理学に詳しい、電気音響学、測量術、甚だしきに至っては心理学など。すでに完成制琴基本訓練の学生達は、いったんこの学校に入学、時間が4年、この桃ハリウッドのような環境の中で、背中に寄りかかって多彩なペイン、自分の工房設立し、琴制作の複雑なプロセス。彼らの卒業論文は1件の完璧なアンティークのマスターバイオリン。