歴代グループは新しいCEOを任命し、報告書を発表する。

今日、歴代グループから重大なニュースが届きました。グループの最高経営責任者であるJ cer Lambertが最高経営責任者に任命され、すぐに就任します。また、年次会議では、グループが売上高が大幅に伸びたと発表しました。これは数年前の一連の悩み(例えば、高管流失など)の後、暦の峰集団が徐々に軌道に戻っていることを示しているようです。

新しく就任した最高経営責任者のLambertはかつて積家と万宝龍に勤めていました。以前、彼はアレクサンドグループで最高経営責任者として働いていたので、この新しい任命は意外ではなく、正常な昇進のようです。就任後、Lambertはグループの既存の投資ブランドを全面的に見て、ジュエリーと各種の新型業務を含みます。彼の管理範囲はグループの傘下のメーカー、ネット販売業者などの部門を含み、直接会長のJohan Rubertに報告しています。

年次会議では、歴代グループの報告によると、4月から8月にかけて、グループの売上高は固定為替レートで25%伸び、実際の為替レートで22%伸びた。この傾向の一部は、グループがYoox-Net-a-PorterとWatch finder.co.uk.を含む新規事業を買収したことによるもので、これらの事業は2018年5月1日と2018年6月1日にグループアカウントに合併されました。この二つのブランドを除いて、売上高は固定為替レートで10%増加し、実際の為替レートで7%増加します。

このレポートをもっと詳しく調べてみると、売上高の伸びぶりにヨーロッパは珍しい強さを見せています。28%増のアメリカ州は42%と非常に輝いています。これまで高度成長を続けてきたアジア太平洋地域は、今回は平均23%にすぎず、特に日本と中東はあまり力を与えず、成長率はそれぞれ13%と4%しかない。

このほか、この伸びはジュエリーメーカーの貢献によるもので、ジュエリーメーカーの売上は14%増という。