小回りの腕時計こそ紳士の標準装備です。

豪利時Oristractanglarシリーズ561-7657-4704 M機械男子表
文字盤の幅は30 mmです。黒い長方形の文字盤にはローマ文字を時間の目盛りとして、大きな三針を時間の指針とします。6時の位置にカレンダー表示があります。長方形の文字盤の中で依然として目盛で1つの小さい長方形を囲んで、中心の位置を指針に残して、人の視覚を中心の位置にロックしました。透底表の背にはOris 561自動ムーブメントが搭載されています。文字盤は小さいですが、ムーブメントの一方の位置を共存させることができます。これは豪利な時の機械に対する堅持かもしれません。

コンスデンFreedierique Costant百年典雅シリーズFC-310 MC 4 S 34機械男子表
文字盤の幅は33 mmです。ここでの文字盤の美しさの表現はとても具体的だと言えます。ローマ文字の目盛りは円環形になり、針の周りを囲む。針が触れた周囲をワッフルで区切り、文字盤の中心を占め、最も目立つ12時の位置に透底設計を施しました。このようにして、針が12時に戻ると、下のムーブメントの動きが見られます。儀式的な感じが強い。茶色の牛皮のバンドとバラゴールドのステンレスの外形のシェルは色の体系を構成しています。高級で優雅な雰囲気を作り出しています。文字盤は小さいが、五臓がそろっていて、「小さくて美しい」という設定にぴったりです。