WIESS WATCH COMAPNY アメリカンウォッチメイキング

1900年代初頭までのアメリカは時計作りに於いて、世界を引率するほどでした
しかし、1950年代以降徐々にマーケットは
スイスの時計造りに対し廉価なものへと方向性が向き
1969年に始まるクォーツショック以降は
完全にかつてのアメリカの物作りとは懸け離れたものとなったしまいました。
かつての古き良きアメリカの物作りを再現しようと
カリフォルニアのロサンジェルスに、1社の時計ブランドが誕生しました。
それが、WEISS watch co.です
創設者のキャメロン・ワイスは、
WOSTEP認定時計職人としてのニコラス・G・ハイエック時計製造学校卒業後
オーデマピゲやヴァシュロン・コンスタンタンなどで訓練を受けました。

製造は全てハンドメイドで行われており、
スイスで訓練を受けた熟練の職人によってすべての工程が行われています。
このブランドの素晴らしさは、ワンモデルなところです。
当然ながらバリエーションは存在しますが、多岐に渡るモデルを作らない事で
コストを下げ生産性を増し、またクウォリティも向上します。

採用された手巻きユニタスムーブも、安定性の高い信用がおけるムーブメントです。
バランスよくリファインが施されたムーブメントはバックスケルトンにより眺める事が可能です

クラッシクかつ洗練されたダイアルに、旧海軍を忍ばせるセンスの良いロゴマーク
大振りのケースをしっかり受け止めるコーデュラとアンティークレザーのストラップ。
コレクターの心擽る木製のボックス等、全てが素晴らしい
ワンモデルなので、とりわけ説明も要らないのでバリエーションを紹介したいと思います