ボーナスで買う時計5選 Made in Japanの5万円以下機械式腕時計

2016.05.31放送のテレビ東京系列「日経スペシャル ガイアの夜明け」でピックアップされていたのは「Knot」。失われた日本の技術を取り戻すべくMade in Japanにこだわり腕時計への情熱を語る遠藤代表がとても素晴らしかったですね。みなさん観られました?と、いう事で今回は遠藤代表もこだわった「5万円以下」の国産腕時計をご紹介します!

ツイート
9,007 view お気に入り 0

Made in Japan Watchの定義
昨夜放送の「ガイアの夜明け」では、「腕時計で日本製と謳える定義」を江口洋介さんが説明してくれていました。

①ムーブメントが日本製・・・日本国内で作られたもの
②ムーブメント以外は外国製でOK
③組み立ては日本国内で行う

この条件に当てはまれば「Made in Japan / 日本製」と表示可能だそうです。

Knotの代表 遠藤さん。
Japan Madeにこだわった腕時計作りで大ヒットしました。

Knotは「つなぐ」と言う意味だそうです。
日本と海外、伝統と革新、本格と若者をつなげたいとの理念とメッセージを込めたブランド名です。

元々は日本国内にルミノックスやスカーゲンを持ち込み流行らせた仕掛け人です。
スカーゲンの販売代行契約が失われたのを機に、Knotを設立することとなりました。
※スカーゲンの大本が買収され国内販売権が失われた。

メイドインジャパンの安価な腕時計(主にクォーツ)をオシャレに実用的に本格的に展開し、若者に支持されます。

遠藤さんの夢は「機械式」を同じコンセプトで作ること。
コスト面でクォーツより高い自動巻き腕時計を安価で作るには相当な努力が必要でした。

と、言うのが昨夜のガイアの夜明け「ニッポン製 再起に挑む」です。