【ロレックス】ディープシー事件の真相【裁判の行方は・・・】

ことの発端は、ロレックスが2008年にディープシーを日本で発売るすにあたって特許庁にエルジン(株式会社福本電機)※1が持つ「DEEP SEA」という商標を全く使用していないことを理由に、商標登録の取消し審判を求めたことに始まる。※1エルジン(株式会社福本電機)
エルジンとは1864年アメリカで誕生した時計ブランド。
20世紀前半にはアメリカを代表するブランドまでに成長したが、その後アメリカ時計業界の衰退と共に事実上消滅してしまった。
その後、日本の福本電機に商標権を買取られ現在では低価格の腕時計を製造している会社。