波の音でテーブルの美しさを見せたい

ロンジンは1832年にスイスのイミー亜で創立して、伝統、優雅で優れた品質の追求を追求して、ブランドの精純な製表の専長を達成して、同時に世界選手権のタイマーと国際連合会のパートナーであり、ずっとその優雅な時計で世界を誇っています。今日皆さんと分かち合ったのはロンジンのデニックビナシリーズの腕時計で、このシリーズの最大の特色はその割合が調和で目を楽にした長方形の表殻です。(モデル:L 5.25 5.9.71.0)
ロンジンのデニックビナシリーズは1997年に世に出てきたが、それから現代の優雅な魅力で大きな成功を収めた。弁識度のある長方形の表殻は、今日に至るまでまた精鋼でバラ金や黄金を結びつけてこのシリーズの新しい章を開く。イタリアの明るさを楽しみにした生き方は、「Doling Vita」(甘美な生活)をインスピレーションとし、甘い生活を腕時計に見せる。
表盤の両側は順番に並んでいる46のダイヤモンドで、表殻の両側に占拠して、まるでクラウンの上の宝石のようにまばゆく輝いて、長方形の比較的長い両側を利用して華麗な精緻を見せます。