パルミジャーニ・フルリエ パーシング クロノグラフ「zero-zero-two」誕生

パルミジャーニ・フルリエはイタリアの高級ヨットメーカー「パーシング社」とパートナーシップを組み、新しいクロノグラフのシリーズを開発した。

新しいコレクションとなるのは、パーシング クロノグラフ「zero-zero-two」。
描かれる曲線のバランスを最良のものとするため全体的にデザインが見直されたというケースは、ステンレススティール、18K ホワイトゴールド、またはローズゴールドの3種類。完全自社製自動巻ムーブメント、キャリバー PF 334 はクロノグラフの表示(センターセコンド、30 分計、12 時間計)に大きな表示窓の日付表示を組み合わせた。プッシュボタンはステンレススティール製モデルの場合は、ストラップのカラーに合わせたホワイトまたはブラックのラバー製。また、ゴールド製モデルの場合は、プレシャスメタルを使用。逆回転防止ベゼルには 3 m ベースのタキメーター目盛りが配されている。

また、数々の独特のディテールが魅力的なフェミニン ヴァージョンのパーシング 「zero-zero-two」は、特別にデザインされた注目のモデルだ。海の深さを表現したブルー マザー・オブ・パールのダイヤル、タコのモチーフがあしらわれたクロノグラフ秒針、ヒトデを象っているスモールセコンドの秒針、水面がきらめく様子を描写するベゼルにセットされたバゲットカットのダイヤモンドとサファイアなど、詩的な海の情景が感じられる仕様だ。