リシャール・ミルとは何者か 「腕時計のF1」に秘められた深い情熱

コンセプター、リシャール・ミルの世界は、彼が時計へと向ける強い情熱と非凡な造詣から生まれる。時計師やデザイナーと究極の時計を練りあう力量を備えたリシャール・ミル。斬新な発想力と独自のパーソナリティに根ざした時計づくりを紐解く。

文=廣田雅将

腕時計への強い情熱と非凡な造詣
リシャール・ミルの趣味は「クルマ」。
彼のクルマに対する造詣が、時計にも投じられている。

腕時計への強い情熱と非凡な造詣

2001年創業のリシャール・ミル。「腕時計のF1」というコンセプトと、一目でわかる明快な意匠はこのブランドに大きな成功をもたらした。

しかしリシャール・ミルの躍進を支えてきたのは、そういった「わかりやすさ」ではなく、むしろ創業者リシャール・ミルの時計づくりへの強い情熱と、非凡な造詣であった。

リシャール・ミルは「私の時計にコストは関係ない」と語る。
事実、もっともシンプルな自動巻きを例にとると、地板や受け板(ブリッジ)は加工が難しいチタン製だ。完成までには、地板の6割が廃棄される。

個性的なケースも名サプライヤー、ドンツェ・ボームが製作する。技術力に定評のある同社をして「これ以上のケースは決してつくれない」と言わしめるほど、リシャール・ミルの要求は厳しい。