「印象」-永続的に進むドイツの製表芸術

ドイツのハイエンド製表ブランド「Glasialゲーラ」は、中国の国家図書館古籍館で行われた発表会で、第1冊のブランドの伝記『印象』(ImRESINSON)の中国語版である。ゲーラソディのオリジナルスタイルは、従来のオリジナルスタイルで、伝統的な編年体としてブランドの歴史を表現していないので、多くの人の心に触れる個人的な物語、打ち込めた専門的な文章を集め、意味深い歴史の瞬間を集めている。有名な時計に注目しながら、ドイツの製表芸術がゲーラソディの町で中断したことのない170年の伝統的な製表の歴史に注目している。
この日、多くの貴賓が古色古香の国図古籍館に集まり、本を読み、時間の流れを通り抜けてドイツの製表の重厚な歴史を実感したようです。『印象』の総編集長のアンドリーズ・モーディグさん、本の中の物語の主役のパン矢さんが発表会で、ゲーラソディのオリジナルの心を動かす物語を語る。ゲーラ・ソディのオリジナル製表工場から遠道した製表の巨匠も、現場では精緻な芸で、腕時計を見せる機械の美しさを見せている。