民族ブランドの制表工芸の限界に挑戦する

時計は貴重な舶来品として海を渡ってから、中国のプレイヤーの大切な愛物として、製表芸術の東方情念の種を植えた。地霊人士の皇城の根の下には、この重厚な歴史と文化が溜まっていて、風雨や伝奇を経て、1958年に誕生した北京の時計を生んだ。
北京の時計は中国の第1陣の自主的な開発の時計のブランドで、証明書、参加して自ら中国製表の歴史を書いている。57年の制表の中で、北京の腕時計は中国の伝統工芸を伝承して、エナメル、マイクロ彫り、深い浮彫り、透かし彫りなどの多種の精細工芸を腕時計の上に使って、多くの内外兼美の精製腕時計を作りました。
「刺繍の成安は春の園の中に、ウグイスの柳の枝を引いた」ということで、見事な蘇州の刺繍はこれまでも佳品を収集しています。北京の腕時計は蘇州刺繍の大家であるシュピカの深さと協力して、柔軟で繊細な蘇州の刺繍と機械腕時計の玉を結び合わせて、刺繍の表面の腕時計の新品を出して、東方の女性の温かな上品な美しさを再現して、女性の繊繊で明るい腕と姿を映えます。酔心芸術の典雅な娘は祝日のぜいたくな贈り物を献上する。真糸は底を作って、花鳥の綴りの表面を刺繍して、機械の巧みな思いを絹糸のあでやかに補って、品格は上品で、高妙で奇絶である。“花の四友”は清新で俗っぽくて、“双魚の遊び”の寓意は連年に余裕があることを意味して、“蝶は飛ぶ”の霊動は並行していて、それぞれはすべて寓意のすばらしさで、手で彫る芸術の精製品。また、ステンレス製の材質は、この時計の価格をより親しまれています。