シャネル 複雑機構でミステリアスに“シャネルの美学とエスプリ”を表現!

誕生以来、どんなシーン、そしてどんなファッションにもフィットするアイテムとして女性から圧倒的な支持を受けてきた「J12」。いままではもっとも小ぶりとされるモデルでも、ケース直径は33mmあり、日本女性のような腕の細い女性にとってはときに大きすぎるときもあった。「できればもうひと周り小さなサイズを」と望む声も少なくなかったのである。

シャネルは今年、ついにこの声に応えた。ケース直径29mmのモデルをラインナップに加えたのである。モデルバリエーションは、ホワイトのハイテクセラミック×ステンレススティールケースにマザー・オブ・パールダイヤル、アワーインデックスの8カ所にダイヤモンドをセットした写真のタイプ、ケース&ブレスレットがブラックで文字盤もブラックラッカー仕上げのモデルをはじめとする計4種類だ。よりゴージャスな輝きを腕にまといたい方にはベゼルに40個、合計0.90カラットのブリリアントカットダイヤモンドをセットしたモデルも用意されている。とくにダイヤモンドベゼルのバージョンは、6月から世界に先駆けて日本で先行発売されるプレミアムモデルだ。

この新作は、スポーティでありながらもエレガントで、ドレスウォッチとしても使えるモデル。これまで「ほんとうはJ12を着けたいが、サイズがちょっと大きすぎる」と躊躇していた女性にとって、これ以上うれしいニュースはないだろう。