IWC万国表パフェノ腕時計世界に新たな色をかける

シャフハウゼンでは、2015年9月~2014年、スイス製表家シャフハウゼンIWC万国表では、そのプラネフィノ
腕時計シリーズで、表面の直径37ミリという新たな表札を加えた。今では、ナミをはめ込んだプラネフィノ月相自動腕時計37の新たな表札が、放光精製の鉄砲を持ち、低調の豪華な色調を披露している。また、プラネフィノ自動腕時計37の2つには、青色の表板と青い皮のバンドを組み合わせて、別の1金は銀メッキとイチゴのピンクの皮のカバーを組み合わせて、2つの腕時計がプラネフィノシリーズにより多くの色を注いでいる。
月相の表示は、見た目だけでなく、人に注意を払うとともに、機械時計が出る前に、月の隠れた場所を通して時間の流れを記録していた。ローマの数字、葉形の指針、浮状表鏡のように、月相の表示もプラネフィノシリーズの典型的な特徴である。1984年のプラネフィノシリーズの創始表は、すでに月相表示機能を備えている。この時計は、90年代の末期まで、ごくわずかな数量で生産されています。この複雑な機能を、昨年はIWC万国表で再導入された。昨年のピットリストに続いて、IWC万国表には、今になって、その殻には縁のない簡素な腕時計が発売されています。パフィノ月相自動腕時計37(モデル:IW 49007)の殻は直径37ミリで、低調で贅沢な腕時計家族のスタイルが一致した。月に表示されるデザインはとても経典:月は時には雲の中にひらめき、時には星のきらめきの夜空の下に浮いている。12粒のピアスをつけたパールベナ盤が輝き、腕時計に魅力的なレベルを与え、シンプルなデザインスタイルをアピール。「まばゆい真珠・ベナが、20世紀50年と60年代に人気を集めている」として、IWC万国表設計創意総監のクリスティアン・ヌ(Christian Knoop)は、「当時のリゾート地のヒノンヒノノノの声の大きいスターが、真珠の貝殻から入手した素材が大好きだった」と説明した。私たちはこれらのスターの配飾からインスピレーションを汲み取ります。35 800型自動スクラップ機械のコアは、3巴防水に達したプラネフィノ月相自動腕時計37の動力を提供している。月の表示中の月の位置は、「2時」の調校ボタンで調節することができる。中央秒針は、表冠を通して停止することができます。また、腕時計には双面防光ブルーのガラス表鏡が付いています。緑色のワニの皮の表帯はSantoniが心をこめて製造します。このイタリアの有名な靴の靴はIWC万国表に独自に精巧で優雅な革の表帯を作ります。1本ごとに手をこめて作ったバンドは、独特の復古の外観と、それぞれ特色のある色合いで華やかな雰囲気を示しています。