アークドロが象の小針盤を張る

一つの象――知恵と力のシンボル――金色の田んぼにたたずんで、安らかな若素。アークドロ(JaacetDroz)は精華な工芸と芸術の革新力を使って、この新しい時の小さな針盤の時計の表の上で美しい景色を呈する。この作品はAtelier d ‘ Artシリーズで、一つの技術的なチャレンジであり、まるで旅の誘いのようで、遠い詩意を放つ。アークドロ(JaacetDroz)は、作っているうちに、古いアジア工芸を運用している。
このような驚嘆する芸術工芸は、ベトナムの旅の中で再発掘され、地元ではウズラの卵を使った工芸品を使って独特な絵を作っていました。これまでは、この打ち込み技術は、製表業には適用されていない。アークドロ(JaacetDroz)職人の大師にとっては、一大挑戦として、直径43ミリというブランドの歴史表金である小針盤(Petil Heing Minte)に示された。芸術の大家たちは、ウズラの卵の殻を処理し始め、厳格な手法と一髪の集中度で、この腕時計の珍品の装飾図案を作ります。まず、色、形、純度によって、極力の微細な卵のかけらの中で精選して、それから殻の弧と色調によって、1000枚以上の卵の殻を赤い金の表盤の上で手にしたものにします。
続いて、レンダストの上で透明な漆層を塗布し、最後に、全体を均一に一致させるとともに、驚くほど深い視覚効果を作る。象の時の小さい針盤( Petil Heel Minuc Elt Elect )の上でこの目眩の神の夢中の絵は約200時間の方が完成することができて、黒色の縞マナの時に針盤と光華のまばゆい赤い金の時計の輪の柄は更に美感に達します。この装飾のテーマは表の底から見て、2本の発条箱の自動的なチェーンのメカニズムを駆動する22 Kの赤い金が陀上に並んで同じ彫刻を採用します。この時計はただ8枚を発行して、アークドロの創意の真髄と旅行の精神、およびブランド芸術工房の卓越した工芸。