宝玉経典シリーズ700バター/ 11 / 9 YV腕時計

この時計は、いつでも「奏楽」(ロシニオペラ「カササギ」)、あるいはタイミングで鳴きます。どのような状況でも、ベルは澄んでいて、耳がきれいで、きらきらと光っています。撮影中の店員さんの操作で、素敵な「音楽」を聞いたことがあり、とても快適でした。
腕時計の表盤には3本の針があるが、通常の時、分、秒3本の針ではなく、時、針と音をつけてセットを指示するが、4時位置の表冠を通してアラーム時間を調節する。
腕時計の側面には、この腕時計は宝玉経典の金貨のデザインを採用していないが、音楽の記号が多く、その腕時計は高級な音楽音であることを示している。時計の2時の時計の冠は正常な調校時間と上チェーンの冠である。
腕時計は黒ワニの皮の表帯で、黒の糸を縫って縫います。図の上でこの時計の時計のボタンも特殊な設計のを経ていることを見ることができて、時計は透かし彫りの宝玉の経典の標識がある。
この時計の厚さは15.2ミリ。この厚みは、普通の腕時計に対しては確かに厚みがあるが、これもココアの複雑さを考慮し、腕時計8時位置のボタンを試聴ボタンとして押すと、腕時計が20秒続いて音楽を演奏する。