ヘリコプターから落としても動き続ける「パラショック」がタフウォッチの原点

坂巻:1956年に発売された「パラショック」というモデルになります。腕時計は精密な部品が組み込まれた、非常に繊細な製品です。当時はちょっとしたショックで内部の機構が壊れてしまって、時計が止まってしまうということが多くありました。

時計は、時を刻まなければ意味がありません。そこで、シチズンでは時計の心臓部分である「ひげぜんまい」の心棒が衝撃で折れてしまわないよう、特殊な機構を開発しました。これがパラショック機構です。

── 外装を強くするのではなく、機構部分を衝撃に強くしたわけですね。当時、同じような耐衝撃性能を持つ腕時計というものはあったのですか?

坂巻:スイスのメーカーにはありましたし、国内のメーカーでもありました。シチズンは、それらの機構をさらに強化して、耐衝撃性能を上げたものを開発しました。

── 当時の資料を見ると、パラショックのプロモーションのために、ビルの上から落としたり、ヘリコプターから落としたりと、かなり派手な公開実験を行ったそうですが。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピー等ブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com