首都博物館「ジュネーヴ:タイムの芯——スイス時計文化の源」展示会

首都博物館とジュネーヴ芸術と歴史博物館が主催し、江詩丹トンが協力した「ジュネーヴ:タイムの芯――スイス時計文化の源」が、首都博物館で幕を開けた。この展覧会は、中瑞建交65周年とともに、首都博物館から開館以来、初めてスイス時計のテーマが開かれています。
この展覧会は、アンティーク時計、懐中時計、腕時計、時計作り道具や設備など、人類の測定時間の歴史を再現し、ジュネーヴの高級製表技術の達成と卓越した工芸を中心とした独特の視点でジュネーヴの3世紀にわたって展示されています。高級製表業の発展の過程に来ます。展覧会は、2015年4月24日から8月12日まで無料で公開される。
ジュネーヴの芸術と歴史博物館は、その時計のエナメルコレクションを世に知られています。今回展示されている200件余りの展示品は、みんなその代表的な傑作で、スイスのジュネーヴのエナメル師の奥兄弟とイギリスのロンドン製表師のフローティは1680年前に作られた銅メッキのマイクロ絵の懐中表を含んでいます。羅沙兄弟は1814年前後に作られた籠式の小鳥報の時計。江詩丹回も特に、約80件のユニークなコレクションを選択して今回の展覧会に参加しました。その中には、江詩丹トンの創始者から・マーク・江詩丹トンが自ら設計して製造した懐中表と1939年のソルヒ国家博覧会に展示されている彫彫刻の鐘が含まれています。また、江詩丹食には、貴重な製表の道具が展示されています。
このほか、展示室の中央で18世紀のジュネーヴ屋根裏の工室を復元した場面で、ジュネーヴ芸術と歴史博物館のコレクションであるクロストフ・フランソワール・フォン・ジグラーが描いた油絵が展示されている。
今回の展示の別の独特な点では、ジュネーヴからの製表大師、彫刻師、機械刻まれた彫刻師、ジュエリーの大師、エナメルマスターも、悠久の歴史を持つ伝統芸術工芸を実演しています。プレゼンテーションは、2015年4月23日- 5月3日、5月28日- 6月3日と7月9日- 7月15日。