「温太医」はバーゼルを通り抜け、ドイツの精製表工芸暖かい男の張明け竜を領略してゲーラソディの元に出会いました。

「ぜいたく品界のアカデミー」と呼ばれるバーゼル国際ジュエリー時計展が順調に幕を開けた。ドイツの腕時計ブランドゲーラソディのオリジナルブースが登場したのは、有名な俳優の張智龍さん。ゲーラソディのオリジナル全世界総総裁のYann Gamワードは、1845年のドイツのトップの製表に由来する文化の伝承と完璧な工芸に由来している。
暖かい男の張明竜の襲撃の青の西に履修して履き詰めて、度々に風変わりして、腕の間の電気めっきの青色の表盤とルイジアナ州のワニの磨砂の皮を合わせたゲーラのソディのオリジナルの2015バーゼルの精製の鋼の金は腕時計のPanoのエキサイティングな利益を準備して、更に聡明で落ち着いています。
1845年から、ゲーラのソディのオリジナルは終始ドイツのトップの製表の工芸を代表して、ザクセン王国製の表業から初めて今までの純正な血統を創始して、全世界を誇っています。厳格な製表の標準に自律していて、ゲーラソディは1枚ごとに体を計って製造ツールを製造して、美しい表盤を作って、旗の下で4つのシリーズの時計の100 %がオリジナルの自家製の機軸を組み立てて、95 %の機軸の部品は元の工場が自作して、純粋なドイツの製造と言える。