宝の玉(BREGUet)貝殻の浮彫り工芸―腕間の冠は、女神になる

古代ローマの神話では、ビナスは主の司愛と美の女神で、同時に出産と航海を握っていて、彼女は愛護の海の海の泡で貝の中で生まれたと伝えられています。古来、貝殻は女性として、豊かなものに縁とつながりがあるようだ。15世紀後半、ルネサンス時代の画家ボトチェリーが、イタリアの名望米ディッチ家族の創絵になった名作「ヴィーナスの誕生」に、人の心の深いビナスの姿を作り、貝からティーンを招聘していた。絵の中のビナウスの体型は、黄金の比率ではなく、新しいプララグラフの理念の中で、美の本質は対称の割合ではなく、内在的な理想的な形成にあるからである。宝玉の女性は内包の趣に富んでいて、美学に対して非常に高い観察があり、内から深く輝きます。
最も原始的な女性のアクセサリーの一つとして、しなやかで自然な素材の質感が、女王たちの心を虜にしていた。極富の美学天財のフランス皇后メアリー・アントワネトトは、「ミューズの女神」と呼ばれたフシ皇后のヨサヴァン、そしてエレガントなナポリ王後カロリン・ミュラなども、浮彫りの珍品に酔う。イギリスのビクトリア女王は貝の浮彫りのアクセサリーに夢中になっていて、時には数件を身につけていた。同様に浮彫り芸術の波乱を助けようとするロシアの女皇ケサリン大帝は。通常、王后たちのジュエリー、ヘアスタイルは常にみんなのあこがれと議論を引き起こし、当時の女性のおしゃれなファッションスタイルになっています。このように、貝の浮彫りの市場需要は水の上がり船が高く、そこには浮彫りの技術師が興っている。