舞踏会と腕時計の融合Dior VIIIグランBalシリーズの腕時計

ディオールVIII高級腕時計を示すの幾何図形設計風格及びその精緻な優雅以下に新しいの特質、ディオールディオと有名な「Bar式セット」が重なる。また、この項腕時計の命名とDiorさんの幸運数字の「はち」と巧みに合わせて、代表しているDiorディオールブランド設立、1946年じゅう月はち日、初の高級注文服シリーズ名を「En Huit」(8)、ディオールディオール工房が生まれたのはパリ第八区のモンテーニュ大道。
今年の新発売のグランBal従来品と少し違っていて、それのデザインからインスピレーションはブランドの創業者にChristian Dior舞踏会の愛、それだけでなく、ダンス文化に溶け込んで腕時計のデザインの中、同時に機械とジュエリー、羽根モザイク相互結合、新型腕時計名は体を表すの芸術品になる。
従来、引き受けて、自動盤大きな面積、あるメーカーを採用して小型自動盤しかないし、それを設置機の板を静かに回転してどこかに加え、特殊に刻まれた柄効果に達する美観;あるは採用の環状自動盤、めぐってはムーブメントアウトコース「知らぬが仏」、まるでそれまったく存在しない。人はマイクロやリング、ある程度解決した「自動盤が大きい」の問題、さらに多くの機械工程の精密修飾を見せる。しかしDiorの選択は一匹の風変わりな道は工夫を凝らして縮小面積の情況の下で直接自動盤を文字盤の上に、装着者の前に回転。