水問題の支援のため、チャリティーパートナーシップを締結

過去にもデペッシュ・モードと共同チャリティープロジェクトをおこなったことのあるウブロ。世界の約9人に1人に当たる8億人もの人びとが、安全な飲料水を手に入れることが困難な状況に置かれている現状を改善すべく、今回も同バンドの取り組みへの支援に名乗りをあげた。

支援活動は、デペッシュ・モードが2013年から2014年にかけておこなうツアー、「デルタマシーン」の一環として実施される。それに先駆けて、ウブロでは同バンドの美学をブランドコンセプトである「フュージョン(融合)」で解釈した腕時計「アエロ・バン デペッシュ・モード」を発表。ブラックを基調にピラミッド型モチーフをあしらったスタイリッシュかつ重厚なこのモデルは、世界限定250本で発売、価格は211万500円(税込)。発売日は2013年5月末を予定している。なお、売り上げの一部は、ウブロから直接「チャリティー:ウォーター」に寄付される。

HUBLOT|ウブロ 02
今回のパートナーシップについてデペッシュ・モードのマーティン・ゴアは下記のようにコメント。「私は以前から個人的に『チャリティー:ウォーター』を支援しています。今回、バンドとして支援活動を拡大させることで、安全な飲料水不足で困っている地域の支援ができ、感激しています」

また、ウブロ会長のジャン-クロード・ビバーも、「水のないところに、命はありません。水を分かち合うことは、すなわち生命を分かち合うことであり、愛を分かち合うことにほかなりません。ウブロが参加したのもそのためです」と語っている。

伝統と革新で話題を集めるウブロと、世界のエレクトロポップ・ミュージックシーンにおいて強い影響力のあるデペッシュ・モードが、「チャリティー:ウォーター」の活動について訴えることで、世界中の飲料水問題に対する意識に大きな変化をもたらしてくれるだろう。