売上高、ASUSTeKもスマートフォン陣営?

ご存知のように、昨年後半から、知能時計業界は日に日に式微をする、悪いニュースは尽きない、まず知能時計「元祖Pebble身売りFitbit」は、そのモトローラ終瞭新世代スマート時計Moto 360の開発は、今またニュースはASUSTeKは第三家になることができることを離れて知能時計陣営の会社。
DigiTimes報道によると、ASUSが放棄Zen Watch知能時計製品ラインで、原因はとても簡単で、スマート時計販売予想に達していない。調査によると、2014年以来、ASUS発表第一世代Zen Watch知能時計以来、現在Zen Watchシリーズの製品を発表した合計3世代製品が、少々殘念なことに、今までASUSTeKのZen Watch月平均の出荷量は5000-6000ブロック。これも、数字の惨憺、ASUSTeKが智能のウオッチ陣営の鍵になっているということです。
事実、知能時計の領域には、リンゴの金看板としても、市場を誘爆ことができない。消費者にとっては、リンゴApple Watchがメインの監視と着信運動機能を提供することができない、実は鶏肋、ユーザーとの接着性こそ知能時計「敗北」の主な原因。これに対し、リンゴ共同創立者スティーブ・ゲーリー・ウォズニアック(Stephen Gary Wozniak)は、購入後に一度リンゴ時計が新鮮で、しかししばらく装着を忘れてしまうの?。彼にしてみれば、現在のアップルの時計には欠かせない機能が提供さない。
したがって、単一の技術に対してスポーツシーン、点火市場ではないことから、近年知能腕時計の地位もかなり気まずい、ほとんどが小さいという大雨、やっと客受けがよい。と言うことしかできなくて、市場の現状の味気ない、最終的には、ブランドのメーカーが「家出」、見込み着未明るい見通しを前に、ASUS絶対に最後の選択の会社を離れて。これに対して小編としか言えない、入局しやすく、守成は難しくて、行で大切で!