200本以上の現行・新作モデルを試着可能

売り上げ規模では、世界屈指の時計ブランドであり、クラッシクウォッチからハイテククォーツまで、多彩な時計を展開するティソ。近年は、ハイコストパフォーマンスで、スイスの公式精度規格であるクロノメーターに匹敵する精度と80時間稼働可能なパワーマティック80を装備するモデルを発表し、世界で話題となっている。

そんなティソが、この6月に「ティソポップアップストア」をオープンさせる。ティソの商品展開は多岐にわたり、現行と新作合わせて約200点ものモデルが展示される予定。そのいずれもが高い実力を伴うことから、ティソは“マルチスペシャリスト”とも称されている。

そんな膨大かつハイクオリティなコレクションを一堂に会し、最新のブティックコンセプトでデザインされた空間にディスプレイされる。

店舗は、日本のファッショントレンドの一大発信拠点である表参道ヒルズの表参道Rスタジオに開設される。この期間限定ストアでは、2015年のバーゼルワールドで発表された新作も展示し、実際に手にすることもできる。

なかでも、ブランドの源流に由来し、今後のフラッグシップコレクションに位置づけられる「シャミン・ドゥ・トゥレル」については、先行予約会が開催される。

また、ブランドの素顔に触れられるビデオクリップの放映などにくわえ、週末にはティソとの出会いを演出するミニイベントやインストアイベントなど、さまざまな企画が用意されている。