日本の時計製造の歴史の起源をたどる歴史的トーク

当時、日本は江戸時代から明治時代へと移行してきましたが、スイスの時計輸出の課題は少しも減りませんでした。 昼と夜が24等分され、それぞれの等分が1時間で測定される西洋諸国の「時限法」とは異なり、日本は「時差法」を使用します(日の出と日の入りに応じて、時間、昼と夜は6つの区分に分割されます)。 日本人がスイスの時計の機械的な仕上がりにも感心しているのはこのためでもありますが、彼らはそれを時間を示すための効果的なツールというよりも「奇妙な技能」と見なす傾向があります。 時計や時計の地元の需要は非常に低く、商業施設は苦戦し、1863年7月にようやく閉鎖されました。