「モナコ王妃」カルティエ表復刻ジュエリーランキング

全世界の人気ドラマ「モナコ王妃」は6月20日に中国で行われた。フランスの天才監督オリビ・ダオン監督、国際的な映画スターニコ・キドマン(Nicole Kライバル)主演の映画は、グレース・ケリーの燦然とした王妃の生涯を描いた。まだ上映されていない。多くの期待を得る。また、カルティエ表(Cartier)が映画復帰した5件は、モナコ王室に秘蔵していた宝飾品の貴重品としても映画の一大スポットとなっており、観客は映画の近距離であるカルティエが伝奇王妃のグレース・キャリーによる希世の珍品として鑑賞し、ブランドの非凡な歴史伝承と極致技術の美学、同時に細品の品を感じている看板と王室の不可解な、映画芸術との限りない情縁。
映画「モナコ王妃」の主人公グレース・キャリーは、カルティエの忠実な支持として、多くのカルティエの希世の宝石作品を持っている。その中で、グレース・ケリーの身によって作られた1枚の重さが1047クリラの祖母緑カットの婚約ダイヤは、彼女の伝奇人生を伴うだけでなく、映画の収官作『上流社会』に出演し、映画の最後の輝きを見せた。モナコの親王のランニエ三世(Rainier III)の世紀の結婚式では、グレース王妃はさらに多くのカルティエの希世の宝石をプレゼントした。その中には、その王室の肖像の中につけた赤い宝石とダイヤの王冠と三串式のダイヤモンドのネックレスが含まれている。
映画では、ピンク色の帽子をかぶったグレース王妃は、カルティエがカスタマイズした宝飾品を身につけていた。パリの平和街で13日、精品店の前に立って、ハリウッドの芸能生活を放棄すると発表した。家庭と王室の義務を身につけて、映画を盛り上げた。