ティソはティソから豪雅まで。次のステップは何ですか。

ずっと時計好きで、初めての戴表は5歳の誕生日だったはず。よく覚えているお母さんは、唐のアヒルを買った電子時計がバイオリンのクラスに来て、すべての小さな友達に時計のような満足感を持って来たのを覚えている。ははは
08年のお母さんは香港に行ってティソのレーサー516機械表を買った後にまた韓国から2番目のティソV 8とタイで第3元ティソT – TOUCHを収めました。時計に対する満足感が頂上に達して、もう十分だと思います。でも表壇に入るまでは時計が多すぎて、潜水表は腕時計の美的要求に満足しています。注目を集め始めた。出勤したので自分がお金を使って好きな腕時計を買っている前に黒水鬼海馬の海の宇宙を見て買うことができるのですが、今の状態のような気がします。長い間葛藤していた。最後に目標を考えるのは一つであろう。初めて北京に仕事をしていた私はお金を使っているところもありますが、多くの手にお金を持っていますか、それとも実際的なものではありません。二つ目の葛藤がまた始まった。購入地です。これから遊びに行って買いましょうという人も多いでしょう。しかし、みんなが中毒の味を知っているのは、思いつかない気持ちである。憧れの豪雅は偶然。これまでは波の潜水表を見ても、私のニーズに満足していた価格のスタイルを見ていたのですが、どうしたらニューヨーク東8番街の奇跡なのか、豪雅なダイビング表のページを開けてみた。これが私のほしいものです。水鬼に似ているのかもしれない。ははは。会社では突然、直接インターネットを使って公式店舗で連絡をしてしまった。車を9割引にすることができたのを知っていたら、王府井新東安の後の店に着いた。相談を経て85割引で相談するのは店員の態度もいい。大表箱と無料クリーニングをプレゼントしました
ブレスレットなどのサービス。いいでしょうというのは、安心と解毒の貴点を求めて、少し高いでしょう。カードの署名に署名して測定した時すべて忘れてしまった後に店のマネージャーが持っていたのが黒水鬼が久しぶりに綺麗すぎて話をしていた。とにかくお買い上げの過程はとても楽しいです。店員さんが遠慮なく送ってくれて、水鬼が好きなら、私たちのビルのコーナーに行ってみてください。そこで家を出て、入労屋に入る。その結果、お店の店員さんの冷ややかさは、私が豪雅を持っているのを見ていたかもしれませんが、買ったばかりの時計を買っても、彼の商売はできないと思っていました。そこで、いっそお尻をたたいて行ってみましょう。腕時計には貴賤の心がない
豪雅なこの競潜はやはりとてもきれいなアルバイト一流の残念なことです。でも、万事は完璧ではありません。表の良い表だけで十分なことは言うまでもない。