三十になってポルノ7の作業を立てて、後感と心の歩みを使う

小弟はいつもあまり気をつけないで、機械の電子石英は何も気にしていません。何千元もの時計がすでに高尚なものだと思っていましたが、過労は暴発者のおもちゃにすぎないのですが、その価値が金石の飾り付けにあると思っています。
大学の二年生は、彼女(妻)と精工を買ってきて、1着10年、この精工は私にどれだけ苦労して仕事をしていた夜に、私の汗をつけて、最後の数年のカウントダウンが止まった。
着用していて、披露宴当日はそれをかぶっています。今まで引退してから私の引き出しの中でしっかり寝て、私の心の中で重要な地位を占めています。
機械表、IWCについて
たぶん5年前、私は初めて機械表に触れました。その時、同僚から5~6万香港元の値段でポルノだけを予約したと教えてくれました。私は見聞を聞いていました。彼は月給が2万人もいませんでした。何倍もの給料を買うのは本当に気が狂っています。並行しているのではないが、5万円で買うのはよくない。
それから彼はポルタをかぶって出勤して、その時私は第1目でもう少しで笑ってしまった。彼の弱った腕が食器のような大きなポルトガル七がどう見ても変なものだと思っていた。
しかし、IWCと機械表は私の心の中にこっそり種を植えた。ただ灌漑がなかっただけで芽が出なかった。これから数年、時計店を通って、IWCの姿に気をつけ始めた。会ったら、隣の彼女に「この時計はすごいね、5万一匹!」と伝えてみた。電気を替えないことを知っています。
そして、去年の初めに友達とネットでおしゃべりして、どういう話をしているかわからないけど、私はIWCというブランドに気をつけていました。雰囲気がよくないという感じで、彼もこのブランドが好きだと思っていました。私も気をつけていました。機械表の世界、ブランド、コアなどの知識が急速に増え、意識が多ければますます夢中になる。
万千のブランドの中で、常にIWCの気質が大好きで、それととても人気があると感じています。また、鮮明な製品シリーズもあります。ポルトガル、パイロット、海、波涛フィノとエンジニアにはそれぞれ特色があります。