尋常で歩かない道、Alphabet知能時計何が新機能。

外国メディアの報道によると、Googleの親会社ALphabet傘下のVerily Life Sciences開発中1項の健康の腕時計、そしてもう百仕事の原型制作。科学技術によるとマサチューセッツ工科評論(MIT Tech Review)によると、この時計を搭載したスマート1枚丸い電子インクディスプレイ(Pebble知能時計とアマゾンKindle電子リーダーでも使用)を助け、この着設備実現長い航続(必要がない毎日週波数繁充電)。
Alphabet傘下の医療機関Verilyこれまで展示の知能のコンタクトレンズ(動画スクリーンショット)
この健康時計に説明される「1項の心臓と活動モニター」を持参して検出用運動の加速度計やジャイロ(Apple WatchとFitbitフィットネス腕轮にも)。
腕時計の外側のリングの円環使えるゲージの個人の心電図から背中が1粒の光学心拍計センサー、その他や検出用皮肤电反応のセンサー(検出用圧力レベル)。
とApple Watch Fitbitと違うのは、Verilyこの時計は1項の消費レベルの設備の位置付けではなく、医学研究用(大規模監視一群の人の体の状況)。