パテックフィリップ筆頭の破格雪象眼腕時計

高い雪片をちりばめた腕時計のシンボルとして、宝石腕時計の最高技術、光華で流転、美ゼツとしても、それも少しも。いったいなぜこのロマンチックな腕時計さに一目惚れ?ある意味から、雪の中のモザイクが実現する、ある程度にブランドのジュエリーの象眼の実力が証明されている。
象眼大師語るKirchhof独創雪象眼法
雪がモザイク法とされてKirchhof象眼大師と語るオリジナル、マスターと生まれ积家ブランドと協力の中で。雪を0 . 5倍弱不等象眼法からのVVS1ダイヤを切断処理、まず、更にその均匀の屋はケースでなめらかで、自然の配列が現れて、まるで雪のような自然、タッチ感が非常に柔軟かつ平滑。未曽有の雪を象眼法の前に、まず象眼師匠から最も優秀なドリルを选び出す白地に最適なダイヤモンドをカット、そして磨きから必要の直径の寸法、その薄さ約とケースの厚さ一寸法師の背比べことから、その難しさは想像にかたくない。そして、師匠によって枯れた芸をVVS1ダイヤ一つ一つ铺砌ケースには、複雑かつ厳密な宝石をちりばめ法、刻々と親方たちの力が試される。ときに竣工した後に、ダイヤのように囲まれて腕時計で光華流転の雪、美絶人の世。