十一月のスイス時計の輸出額は前年同期比で中国大陸市場成長著しい

スイス時計によると工業の連合会(FH)今日発表したデータで、十一月スイス時計の輸出額は19 . 5 cm億スイスフラン、前年同月比5 . 6%に下落した。有利な基数効果が存在しているとしても、十一月の輸出は低迷しており、スイス時計業が直面する困難な国際市場環境を鮮明に表明している。これまでの4年同期より業界初、輸出額にじゅう億スイスフランを突破できない。
違う材質腕時計に関しても、輸出額から、貴金属の腕時計(- 8 . 4%)と精鋼腕時計(- 8 . 1%下落幅を超えて)の平均レベル(- 6 . 1%)、その他の材質の腕時計の輸出額に比べて2014年じゅういち月の上昇幅が違う。は輸出量を見ると、精鋼腕時計(- 10 . 2%)下落の影響は重大で、その他の金属腕時計(+ 5 . 8%)やその他の材質の腕時計(+ 6 . 8%)は積極的に表現するが、取り返しがつかない大局。
輸出額も輸出数量、すべての価格段の腕時計の製品はすべて記録して積極的に発展させることができない。その中から、輸出価格200~500スイスフランの間に介在する(輸出量- 9 . 7%、輸出額- 7 . 7%)と高いさん、000スイスフラン(輸出量- 10.0%、輸出額- 6 . 9%)の製品下げ幅が最も顕著。