中国経済はスイス製表業で風邪を引く

距離が年に一度のジュネーヴ高級時計大賞(SIHH)殘り3日間、タブ界イベントが幕を開け、出展ブランド動き出す、世界の時計ファン待ちわび。2016の鐘はすでに鳴り響き、しなやかな足取り、健康と富と幸せを願う。願いはすばらしくて、しかし暗い情勢はこの祈りを曇らせる。2015年前に11カ月スイス腕時計の輸出量は3 . 8%ダウンし、これを基礎と考えられて、第4四半期の下落傾向が続く傾向にあり、オブザーバーは、2015年スイス腕時計全体の出荷量は4%から5%下落幅。2009年のサブプライム危機勃発し、スイス腕時計の輸出量は22 . 3%急落、グローバル経済情勢が好転し、輸出量が急上升して、今、スイスタブ業は再び目撃する運命の逆転。
もうひとつの悪いニュース
製表商の落ち着いていても道理はないが、しかし今時は情勢は本当に険しい、スイス製表業は世界5大輸出市場中の4つ(中国香港、アメリカ、中国大陸と日本の日本)と日本。昨年いち月じゅうご日、中央銀行スイス廃棄守レートを上限として、すでに一年全体で、この本は促進とEUの貿易の手段が、狂った自国制のビジネス既存の成長のリズム。強い通貨の前、利潤は必然的に暴落、スイス輸出産業は。しかし、激しい激動は遠くおさまって、もっと大きな被害の嵐が醸している可能性がある。まさにショパン連合総裁Karl-Friedrich Scheufele近日にスイス『時報』が言うには、「もう一つは悪いニュースは、明らかに、中国香港。北京と上海はますます重視され、前者は過去十年間を喪失されてきた覇者の地位を喪失することになります。」