iPod nanoを腕時計に。「LunaTik」に見るソーシャルなモノづくり

アップルのiPod nanoにベルトをつけて腕時計として使えるアイテムはいくつかあるが、この「LunaTik」ほどスタイリッシュなものもないだろう。そして、これが製品化された裏には、いかにもネット時代らしいストーリーがあった。

アップルのiPod nanoを見て、これを腕時計にできたら……と思った人も多いのではないだろうか。いくつかそういった後付けベルトは市販されているが、なかでもこの「LunaTik」は非常にスタイリッシュなもののひとつ。

iPod nanoがアルミニウム合金で出できているのに合わせて、この「LunaTik」も航空機用アルミニウム合金の鍛造ブロックからCNCで切削加工してケースを製造。そこにシリコンのラバーバンドとステンレス鍛造のバックルを組み合わせて腕時計として使えるようにしたものだ。